『きんぎょがにげた』『ひよこはにげます』五味太郎さん絵本あらすじ紹介

  • 2022年4月15日
  • 2022年4月15日
  • 絵本紹介
  • 33View
  • 0件
いとうゆか
絵探しを楽しめる絵本は好きですか?
絵探し絵本とは、細かく描き込まれた絵の中から特定のキャラクターやモノを探して楽しめる絵本のことです。
ウォーリーを探せ!で絵探しを体験したことがある方も多いのではないでしょうか?
今回紹介したいのは、日本で最も有名な絵探し絵本のひとつと言っても過言ではありません。
五味太郎さんの『きんぎょがにげた』です。

【写真引用:福音館書店】
1982年8月に発行されたこの絵本を、皆さんも子どもの頃に読んだことがあるかもしれません。
そして、『きんぎょがにげた』のリリースから40年という時を経て、2021年10月に新たな絵本が発行されました。
今回は五味太郎さん作『にげる』シリーズ2冊合わせて紹介させていただきます。
自己紹介をさせてください!
いとうゆか・関西在住
小6長男と小2長女と暮らす
事務のアルバイトとWedライター
これまでに我が子に絵本を1000冊以上読み聞かせた(はず!)
Twitterアカウントはこちら
(令和4年4月現在の情報です)

 

 

『きんぎょがにげた』『ひよこはにげます』あらすじ紹介

きんぎょがにげた


【作・絵:五味 太郎(福音館書店)】

いとうゆか
まぁるい体にまぁるい目の金魚が印象的ですね

途中までのあらすじ

きんぎょがにげた。

どこににげた?

ある時はカーテンの水玉模様に、ある時はびんの中のキャンディに…。

金魚鉢から逃げ出した金魚を探しに行こう!

注目ポイント

ページをめくるたびに金魚がどこかに隠れているぞ?

どこだろう?

あ!見つけた!

指をさしながら一緒に見つけてみましょう。

いとうゆか
とても優しい絵探しとなっておりますので、2歳頃から楽しめますよ

カラフルなんだけれど、どこか落ち着きのある色合いで描かれた五味太郎さんの味わいのある絵に癒されます。

おもちゃが並べられたページは、金魚が遊園地に遊びに来たみたい!

最後には池の中を泳ぐたくさんの金魚たちにまぎれてしまいます。

いとうゆか
これじゃあ金魚鉢から逃げた子がどれかわからない…

おや?よ~く見ると…?

『きんぎょがにげた』
対象年齢:2歳から
絵本の試し読みはこちらから

ひよこはにげます


【作・絵:五味 太郎(福音館書店)】

いとうゆか
今度の主役はひよこだ!

途中までのあらすじ

ひよこはにげます。

みんなでにげます。

お家から逃げ出したひよこが3羽。

ある時は元気に、ある時はじっとして…。

あの手この手で逃げ出すひよこを追いかけよう!

注目ポイント

『きんぎょがにげた』と同様、どこかに隠れてしまうのかな…?

と思いきや、『ひよこはにげます』は絵探しではありませんでした!

その代わり、3羽のひよこは逃げます。

とにかく逃げます。

一体誰から逃げているの?

どこへ向かって逃げているの?

それはきっと本人たちにもわかっていません。

絵本の中を元気いっぱい駆け回る愛らしいひよこたちから目が離せません。

走るもよし、少し休むもよし、身を潜めたって良いし、乗り物を使ったって良い。

いとうゆか
逃げるっていろんな方法があるんですね

お家から逃げ出した3羽が最後にたどり着いたのは…?

『ひよこはにげます』
対象年齢:2歳から
絵本の試し読みはこちらから

The Goldfish Got Away


【作・絵:Gomi Taro 訳:Robert Campbell
福音館書店)】

いとうゆか
英語で楽しもう!

途中までのあらすじ

The goldfish got away.

Where did the fish go?

注目ポイント

なんと『きんぎょがにげた』が英語版になって登場!

英訳されたのは米国出身で日本文学研究者のロバート キャンベル氏。

いとうゆか
『スッキリ!』でお馴染み!!

「英語でたのしむ 福音館の絵本」シリーズは小学校の外国語活動における活用を目的に発行されました。

これを機にお子さんと一緒に英語に触れてみるのはいかがでしょうか?

私は『きんぎょがにげた』と『The goldfish got away』の両方を同時に借りて読み比べましたよ。

いとうゆか
個人的には『おやおや』の英訳が好きです
『The goldfish got away』
対象年齢:2歳から
絵本の試し読みはこちらから

『きんぎょがにげた』動画紹介

『きんぎょがにげた』の世界を動画で楽しめます。

まぁるいおめめをパチパチさせて縦横無尽に逃げ回る金魚を探しに行こう!

いとうゆか
バックミュージックの「きんぎょ♪きんぎょがにげった♪」のメロディーが頭から離れない~

 

おわりに

今回は五味太郎さんの代表作『きんぎょがにげた』

そしてその40年後に発行された『ひよこはにげます』をご紹介しました。

にげた子たちを追いかけながら五味太郎さんの味わいのある絵も楽しんでくださいね。

それでは最後に今回紹介した絵本です。

『きんぎょがにげた』

『ひよこはにげます』

『The goldfish got away』

絵本ナビでは、絵本・児童書・ 絵本キャラクターグッズを数多く紹介しています。
それでは最後までお読みいただきまして
ありがとうございました!
いとうゆか
にげるシリーズ第3作があるとしたら、今度は誰が逃げるのかな?
最新情報をチェックしよう!